作業員の男の人

イタチを撃退するためには業者の力が必要である

毒の餌を使った駆除

家

早めの駆除が肝心

動物の中には、たとえ人間の生活に被害をもたらしていても鳥獣保護法によって守られているため、勝手に駆除できないものもいます。しかし、ドブネズミやハツカネズミなどは鳥獣保護法の対象外となっています。そのためこれらによる被害がもたらされた場合には、個人が自分の意思で駆除することが可能です。ねずみは、放置しておくと繁殖によりどんどん数が増えていきます。そのためねずみ駆除は、ねずみによる被害が出たらすぐに開始することが肝心とされています。ねずみ駆除の方法は複数ありますが、特によく選択されているのは毒入りの餌を置いておくという方法です。台所など、ねずみが特によくあさる場所に置いておけばそれを巣に持ち帰ります。そして巣にいる全てのねずみがそれを食べるので、やがて巣は全滅することになるのです。

餌を持ち帰らせるために

ねずみは臆病な動物なので、見たことのない餌はすぐには持ち帰らないことがあります。しかし毒の餌をねずみが普段あさっている食べ物に混ぜ込んでおくと、それほど警戒されずに済みます。それでもしばらくは持ち帰らないことがありますが、数日ほど放置しておくとやがては警戒心を解き、持ち帰るようになることが多いです。またねずみには持ち帰った餌をすぐには食べずため込んでおくという習性があります。そのため毒の餌を持ち帰らせても、ねずみ駆除の効果がなかなか出ないこともあります。しかし持ち帰った以上いずれは食べることになるので、根気強く待つことが大事です。さらに、ねずみは冬になる前に特に多くの餌を集めようとします。したがってこの方法でのねずみ駆除は、秋におこなうと成功しやすいです。